診療科目
下肢静脈瘤日帰りセンター 最新の診断機器を用いた、痛くない日帰り治療
診療時間のご案内はこちら
  このたび、静脈瘤(じょうみゃくりゅう)を専門的に診断し治療する「下肢静脈瘤日帰りセンター」を開設致しました。静脈瘤でお悩みの方をはじめ、なかなか良くならないあしの湿疹でお悩みの方、夕方になるとあしが重く、むくみがひどくなる方は「血管のこぶ」が見えなくても静脈の機能が悪くなっていることがよくあります。
  当院では最新の診断機器をもちいて、原因に即した「痛くない」「日帰りで治る」治療を目指しております。
下肢静脈瘤とは?
  「下肢静脈瘤」とは、あし(=下肢)の静脈が太く浮き出ている状態をいいます。「下肢静脈瘤」の多くは太くこぶ状になっているだけではなく、曲がりくねっています。また大きさもいろいろあります。

  15歳以上の男女632人におこなった静脈瘤調査によると、632人中274人、つまり43%という多くの方が静脈瘤を持っているという報告があります。この頻度は女性に多く、また年齢が高くなるにつれて上昇して、30歳以上の人では62%とさらに増えています。
症状
  静脈瘤ができても全く症状がない方もいます。しかし、静脈瘤ができると、「あしがむくむ、だるい、重い、痛む、ほてる」などの症状がよくでます。あしも筋肉がつる、いわゆる「こむろ返り」もおきやすくなります。症状が重くなると湿疹ができたり、色素沈着、潰瘍ができたりします。
  また、最近では、静脈瘤にできた血栓が肺動脈を詰まらせてしまう恐ろしい「肺梗塞」「エコノミークラス症候群」の原因にもなるといわれています。同時に、静脈瘤は美容的な悩みの原因にもなります。
(1)外見上の問題
血管が浮き出ているため、気持ち悪い、
スカートがはけないなど外見上の悩みを訴えられる方が多くおられます。
(2)だるい・重い・疲れる・ほてる
あしに血液がうっ滞(血液がよどんでたまること)することにより、静脈圧が上昇し、これらの症状が起こります。
(3)痛い
血液のうっ滞が進み、だるさ・重さがさらに進み、痛みが出ることがあります。
(4)むくむ
静脈圧が高くなっているため、血管内から水分が外に染み出ることにより起こります。
(5)こむら返り
血液の循環がわるいために、歩行時や就寝中に起こることがあります。
(6)かゆみ
湿疹を伴うことも、伴わないこともあります。
(7)湿疹・皮膚炎
足首の周囲や静脈瘤の周囲に起きやすく、皮膚や皮下組織の栄養障害が進むと、
皮膚が硬くなってきます。
(8)色素沈着・潰瘍
静脈が拡張しているためにわずかな刺激で皮膚、皮下に出血します。血液の成分の中に含まれる色素が組織の中に沈着することがあります。また、皮膚が弱いために、傷ができやすく潰瘍化しやすくなります。皮膚の血液循環が悪いために、潰瘍は治りにくく放置するとさらにひどくなっていきます。
ページ先頭へ
なんで静脈瘤になるの?
  あしの血液は、あしの運動によって心臓に戻っていきます(筋ポンプ作用)。この血液が心臓に戻ることを「静脈環流」といいますが、この静脈還流には静脈の内側にある「弁」が大切です。つまり、静脈の中を流れる血液には重力がかかりますので下の方に戻ろうとします。この下への逆流をくい止めているのです。断面を見ると、弁は八の字型をしているので上向き(心臓の方)にのみ一方通行で血液が流れるようになっています。
伏在静脈   多くの静脈瘤は、表在静脈(とくに大伏在静脈や小伏在静脈)の弁が壊れる為に発生します。弁が正常に働かないと、血液は逆流し、あしの下のほうに血液が溜まります。その結果、静脈は拡張し、静脈瘤ができてくるのです。
静脈瘤の出来やすい条件
性別 女性に多い。(約7対3の比率で女性が多い)
年齢 年齢とともに静脈瘤の発生頻度は増加する。
遺伝 親族が静脈瘤をもつ場合、発生頻度が高い。
出産妊娠 これをきっかけに下肢静脈瘤が発生しやすい。
立ち仕事 立ち仕事(美容師・調理師・店員など)に従事する人に多い。
  検査方法としては、ドップラー検査APG(エアープレチスモグラフィ)静脈検査下肢静脈超音波検査などがあります。
ページ先頭へ
当院の下肢静脈瘤の治療について
治療風景治療風景
血管内レーザー治療
  細いレーザーファイバーを血管内に挿入し痛んだ静脈にレーザーを照射する治療法です。ストリッピング手術と同様に高い効果がある治療法です、また、傷跡が無く、治療を行った日から通常の生活が出来ます。
※血管内レーザー治療は諸國眞太郎クリニックで行います。
ストリッピング手術
  弁が壊れ血液が逆流している静脈を抜き取る手術です。太ももの付け根を約1.5〜2.0cm、膝の周辺を約0.5〜1.0cm切るだけです。局所麻酔と静脈麻酔で眠った状態で全く痛みを感じることなく手術が終わります。膝の後ろにある静脈の弁が壊れている場合には、膝の後ろと足首の近くに小さな切開をして手術します。
  伏在静脈に逆流が認められる場合に行う基本的で効果のある治療法です。
静脈結紮(けっさつ)術
  逆流する血液量が少ない場合に行います。逆流の原因の静脈を局所麻酔で皮膚を切開して縛ってしまう治療法です。
硬化療法
  特殊な薬を静脈瘤に注射して血管を萎ます治療法です。蜘蛛の巣型や網の目型に最も適した治療法です。血管内レーザー治療、ストリッピング手術、静脈結紮術と併せて行うこともあります。治療後しばらくの間、注射部位を圧迫する必要があります。麻酔の必要ありません。
静脈瘤切除術
  血管内レーザー治療、ストリッピング手術や静脈結紮術と併せて行います。静脈が大きく拡張蛇行している場合に静脈に沿って皮膚を小さく切開して静脈を切除します。傷跡はほとんど目立ちません。
弾力ストッキング療法
  下肢静脈瘤のすべての患者さんに着用をお勧めしています。特に、硬化療法・ストリッピング手術、血管内レーザー治療を受けられる方は、弾力性ストッキング・コンダクターが病状に応じた強度のストッキングを説明しますのでご準備してください。
ページ先頭へ
お問い合わせ
  予め電話で診察の予約をお願いいたします。静脈機能の精密検査を行い、治療方法・治療日を決めさせていただきます。
TEL : 086-272-4088 mail : varix@okayama-daiichi.jp  専用アドレスです。お気軽にご相談ください! メール
ページ先頭へ