お悩み別メニュー

トップ > お悩み別メニュー > 肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

イメージイラスト:肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)とは

両頬を中心に額、口周りなどにみられるぼやっとした淡いシミです。ホルモンの影響や肌のこすりすぎとも言われていますが、原因ははっきりわかっていません。

治療はトラネキサム酸の内服、ハイドロキノントレチノイン外用、ケミカルピーリングイオン導入、美白化粧品などがあります。また、当院では肝斑にも照射可能なレーザーとしてメドライトC6を用いたレーザートーニングを行っています。ただ肝斑は種々の治療に対して、なかなか効果が現れにくい方がおられるのも事実です。
肝斑はこれらの治療を組み合わせ、よりよい状態を維持していくことが大切です。


PageTop